故障車、不動車の買取知識

廃車の費用を詳しく教える

廃車の費用は書類上の手続きだけですと、1000円程度で済みます。
しかし、これは自分で手続きした場合であって、ほとんどの方は代行業者に依頼すると思います。

 

代行業者の一般的な代行手数料は5000円〜1万5000円となっており、
決して安いものではありません。

 

それに加え、車を事実上処分するとなると、さらに数万円の代行手数料、処分料が加算されていきます。

 

自分で処分を行う場合は話しが違ってきます。
解体業者に車体を持ち込めば鉄くず代金として1万円〜3万円程度もらえる可能性もあります。
車のほとんどは鉄でできていますので、それ相応の鉄としての価値もあるのです。

 

車の無料廃車、無料回収をしている業者のほとんどは、
車の買取代金と廃車手続きの代行費用を相殺させています。
つまりこれは車の買取金額は一応発生している。ということです。

 

さらに、その買い取った車軸を部品取り車として買取業者に流したり、
解体業者に依頼して、鉄くず代金などを得て利益を得ている。というわけなんです。

 

ここでわかることは、この全ての工程を自分で行ってしまえばいいということです。
間に業者を挟むので手数料が取られ、利益がでるものでも費用がかかってしまったりするのです。

 

こうしたことを避けるために、どのような状態の車でも、一度買取業者に査定してもらうことをおすすめします。
気をつけるべきことは、間に処分業者などを挟まないことです。

 

一度査定額も確認してみるように。
ウィッシュ 買取