自動車税の滞納時には車売却は不可能か

自動車税の滞納時には車売却は不可能か

車の売却には、しばしば自動車税が関係してきます。そして車の売却を検討している方によっては、自動車税が気になる方もいらっしゃるようです。

 

というのも人によっては、ちょっとその税金を滞納してしまっている事があるそうです。滞納が発生しているとなると、まず自動車税を払ってから車の売却をすべきかと悩んでいるケースがある訳ですね。つまり税金を精算してから、車を売却すべきかという悩みをお持ちの方もいらっしゃる訳です。

 

基本的には困難です。ある大手の車買取業者によると、書類がその理由になります。

 

そもそも車の売却をする為には、自動車税の納税を証明する書面を提出しなければなりません。それが無いと、売却ができない業者も多数あるのです。
その書面は、滞納が発生していないことを証明するものです。という事は、滞納が発生していれば書面を発行してもらう事ができないでしょう。ですのでその大手の業者に売却をする時には、まず滞納を解消してから車の売却手続きを行う必要があります。つまり税金を支払ってから、査定を依頼する事になる訳ですね。

 

しかし業者によっては、稀に相談できる所もあるそうです。というのも売却額から差し引くことも、業者によってはできるそうです。

 

ちょっと極端な例ですが、納めなければならない税金が8万円だとします。そして車の本来の売却額が、30万円だとしましょう。という事はその8万円を差し引いた分の22万円が、顧客に支払われる業者も中にはあるそうです。ですので滞納時でも売却できるか否かは、業者次第ではあります。このため税金が気になっているようでしたら、まず業者に相談してみるのが良いと思います。

 

しかし理想を言えば、そもそも滞納していないのがベストですね。まず納税証明書を用意してから売却の依頼をするのが、基本姿勢になるでしょう。